音楽やったり映像作家したりしているSta(またの名をしお)のサイトです。
Twitter:@naclbbr

2011/06

最近英語圏の方(アメリカ、イギリス)とかアジアの方(台湾や韓国)と関わる機会が結構あって、若干感じたこと。

日本も含めたアジアの方々は全体的にパッシブが基本というか、いつも話しかけるというよりは、伝えたい用事がまとまるまで待ったり、伝えたいことがあっても返事を1,2週間くらいはのんびり待ったりするし、あんまり催促しても悪いかなぁと思ったりして、お互いに連絡を待ちあう状況に陥ったりすることがよくあったりします(自分だけかも)。
ひるがえって私が知っている英語圏の人々は、みんな自分から積極的に話しかけてくるし、もちろんそれぞれの個性もあるのでしょうが、人によっては1週間も話しかけていないと「お、最近見ないじゃない。どったの?」と聞いてくれる方もいたり。時間とバイタリティがある時は本当に話がスイスイと進みます。

でも、いろいろな人と話すのに時間を使いすぎて作業に当てる時間が減ったりもするのですが……。

どっちがやりやすいのでしょうね?

責任者:Sta
E-mail : bit192[at]gmail.com